バットマンの愛車バットモービル

ハリウッド映画でお馴染みのバットマンシリーズと言えば、主人公のバットマンが使用する様々なハイテク武器や乗り物が見どころの1つです。

中でも代表的なのが、事件現場に駆けつける際に乗りこむ車「バットモービル」でしょう。作品によってデザインは様々ですが、基本的には黒でカラーリングされた高性能の車です。

中でもダークナイト三部作に登場するバットモービルは、愛称をタンブラー(曲芸師)といい、戦車のようなゴツい外見が特徴的です。もともとはウェイン社が軍用に開発した試作車で、戦地において川を飛び越えて橋をかけることを目的として作られました。それをバットマンことブルース・ウェインが目にとめ、黒に塗りなおしてバットモービルに改造したのです。

『ダークナイト』では、ジョーカーにより破壊されましたが、残骸からバイク「バットポッド」が飛び出すという驚きの仕掛けがありました。

2016年公開の新作『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』にも、もちろんバットモービルは登場します。どんな活躍を見せるのか、注目されています。