一味違うヒーロー、X-MEN

今やハリウッド映画に欠かせないスーパーヒーロー映画ですが、そのブームの牽引役になったのがX-MENシリーズです。

第1作目は2000年、ブライアン・シンガー監督によって作られました。「超能力を持った新人類ミュータントが、世間からの差別に苦悩しながらも人類との平和的共存のために戦う」という重厚なストーリーは、単純なヒーローもののイメージを覆しました。配役にもパトリック・スチュワート、イアン・マッケランといった演技派のベテランが呼ばれ画面を引き締めました。

主人公のウルヴァリンを演じたのは、オーストラリア出身のヒュー・ジャックマンです。当時彼はまだハリウッド映画界では無名の存在でしたが、この役で一躍スターの仲間入りをしました。実はウルヴァリン役はキャスティングが難航し、ぎりぎりになってジャックマンに決まったそうです。

その後、2003年に『X-MEN2』が作られ、世界中で大ヒットし人気を決定づけます。しかし3作目の『ファイナルディシジョン』では、シンガーがシリーズを離れるなどの混乱があったためか、興行成績こそ好調でしたが内容的には酷評されてしまいました。

その後ウルヴァリンが独立して主役を張ったスピンオフ作品を経て、プロフェッサーXとマグニートーの若き日を描く『ファースト・ジェネレーション』が制作され高い評価を受けます。

そして2014年には再びシンガー監督が復帰、オリジナルキャストと新キャストを集め、2つの時代が交錯する壮大な大作『フューチャー&パスト』を作り上げ大ヒットしました。

2016年には新作『X-MEN:アポカリプス』の公開が決定しており、まだまだX-MENの快進撃は続きそうです。

野生のミュータントヒーロー、ウルヴァリン

ウルヴァリンは、マーベル・コミックスを原作とするハリウッド映画『X-MEN』シリーズに登場するキャラクターです。ウルヴァリンことローガンは超人類ミュ... 気になる続きはこちら⇒