ハリウッド映画におけるアクションヒーローものの特徴とは

ハリウッド映画で高い人気があるジャンルとしてアクションヒーローものがあり、一言で説明すると悪を倒していく内容です。ですが邦画と違う点があるため、その点を中心に特徴について説明をしていきます。

一番大きく異なっている点として、ハリウッド映画のアクションヒーローものは銃を使って悪人や悪の組織を退治していくことが多いです。これはアメリカ社会や文化の影響が強くなっており、日本とは異なり銃が当たり前のように販売されている国です。言い換えれば日常的に販売されている商品であると同時に、武器としても高い医療を発揮するのが特徴となります。そのため正義の味方の武器として、使用することによってアクションヒーローのカッコよさを演出することが出来ます。これは日本にはない独自の演出となっており、銃社会となっているアメリカならではの撮影方法となります。

そして拳銃といったものよりも、ショットガンやライフルといった重火器を使ってストーリーが進んでいくことが多いです。これもアメリカならではの撮影法となっており、拳銃よりショットガンなどを使った方が迫力ある映像を撮ることが可能です。実銃を使う訳ではなく、撮影用のモデルガンと爆薬などを上手に使って撮影していくことが基本となります。ですがハリウッド映画として撮影をしていくので、映画出演者には一定以上の体力というものが必要になっています。

特に主人公を演じる場合においては、ハリウッド映画の中心人物として活躍をしてくことが条件となります。まさにアクションヒーローっぽく演出しなければならないので、基本的にスポーツマン体系であることが希望されることが多いです。ですがハリウッド映画に出演する俳優については、基本的にスポーツマン体系であることが多いのが特徴です。そのため重火器などを上手に扱うテクニックについて、撮影をする時に重要視されることがポイントです。また肉弾戦を撮影するといったこともあるので、基礎体力についても必須となっていることが注意点でもあります。